【危険?安全?】プルエストの全成分を解析!成分表を徹底解説! - 保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報

保湿洗顔ジェルPLUEST(プルエスト)の口コミ・最安値・使用感などプルエスト マンナンジェリーハイドロウォッシュについて徹底調査!

保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報

【危険?安全?】プルエストの全成分を解析!成分表を徹底解説!

更新日:

この記事を書いた人

美容ライターのカナコです。
元美容部員の経験を活かして、心に響く美容記事を発信します。

プルエスト

肌がうるおう洗顔料として話題の「プルエスト マンナンジェリーハイドロウォッシュ」。

 

美容皮膚科医との共同開発とのことで注目を集めていますが、肌に直接つけるものだからやっぱり成分内容が気になりますよね・・・。

 

そこで今回は、「プルエスト」の全成分を徹底調査しました!

 

それぞれの成分には、どんな効果が期待できるのでしょうか?

また、危険性がある成分などは含まれているのでしょうか?

 

みなさんの気になるプルエストの成分解析をさっそく発表しちゃいます!!

 

プルエストの全成分

こちらは実際に購入したプルエストの外箱の成分表示です!

プルエスト 成分表

 

書き出してみるとこんな感じです。↓

プルエストの全成分

水、DPG、グリセリン、BG、ココアンホジ酢酸2Na、グルコマンナン、カラギーナン、サピエンヅストホリアツス果実エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキスヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、 ゴボウ根エキス、レモン果実エキス、ホップ花エキス、 セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セージ葉エキス、 サボンソウ葉エキス、ココアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na

 

パッと見た感じでは、「〇〇エキス」という名前の成分が多そうですね。

 

でも、「〇〇酸」という成分もちらほら・・・。

名前の印象だけですが、なんだか肌に悪そうな感じがしますね。←

 

実際のところはどんな成分なんでしょうか。

 

さっそく、それぞれの成分について詳しく解説していきます!

プルエストの成分を徹底解析!

ハイドロジェル

  • カラギーナン

プルエストには「ハイドロジェル」の成分として、カラギーナンが配合されています。

 

カラギーナンとは、海藻由来の細胞膜から抽出された保水力抜群の増粘(ゲル化)成分です。

保湿効果も高く、肌にしなやかなハリ感を与える働きもあると言われています。

もちろん天然由来なので、刺激も少なく肌にやさしい成分のようです!

 

プルエストのハイドロジェルの中には大量の保湿成分や美容成分が入っていて、肌にうるおいを与えながら汚れを落としてくれます。

どうやらこのハイドロジェルの保湿作用が、「うるおい洗顔」の秘密のようですね!

マンナンスクラブ

  • グルコマンナンマンナンスクラブ

グルコマンナンはこんにゃく芋に含まれる天然の食物繊維で、こちらも天然素材なので肌にやさしい成分です。

 

肌にやさしいと話題の「こんにゃくスポンジ」もグルコマンナン成分でできています。

汚れを吸着する洗浄力保湿力があるので、洗顔に使えばしっとりつるつるの肌に近づけてくれます。

 

プルエストのグルコマンナンは、「マンナンスクラブ」というやわらかいスクラブの成分のようです。

マンナンスクラブについてはこちらをご参考ください!

マンナンスクラブは毛穴の黒ずみに効果的!プルエストで毛穴レスな肌へ

 

保湿成分

  • DPG/BG

DPGもBGも、保湿効果のある成分です。

保湿剤でありながらベタつきが少ないため、化粧水・美容液をはじめ、様々なスキンケア商品に配合されています。

刺激性やアレルギー性はほとんどないと言われているので、安全性の高い成分です!

  • グリセリン

グリセリンも保湿成分として有名な成分で、化粧水などのスキンケア商品に多く使われています。

乾燥肌やインナードライ肌の人でも問題なく使えるくらい、刺激性の少ない成分です。

美容成分

  • カミツレ花エキス/ローマカミツレ花エキス

天然素材のカミツレ花エキスは、ハーブティーでお馴染みのカモミールから採れる成分です。

化粧品に配合される場合は、抗炎症作用・収れん作用・抗菌作用・血行促進作用・鎮痒作用があり、

シミ・ソバカス・色素沈着・ニキビ・毛穴の改善が期待できるとされています。

  • フユボダイジュ花エキス

シナノキ科植物フユボダイジュという花から抽出される天然成分です。

活性酸素消去能およびヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用があり、

シミ・シワの改善など、高いアンチエイジング効果が期待できるとされています。

  • ヤグルマギク花エキス

キク科植物ヤグルマギクから抽出される天然成分です。

抗酸化作用・収れん作用があり、毛穴の改善やアンチエイジング効果が期待できるとされています。

  • ゴボウ根エキス

文字通り、ゴボウの根から抽出される天然成分で、へアケア商品に使われることも多くあります。

保湿作用・収れん作用・血行促進作用・発汗作用があり、肌のキメを整えてうるおいのある肌を保つ効果が期待できるとされています。

  • レモン果実エキス

文字通り、レモンの果実から抽出される天然成分で、ビタミンを多く含んでいます。

収れん作用・保湿作用・細胞活性作用があり、皮脂の分泌を調整し肌をすっきりと引き締める効果が期待できるとされています。

  • ホップ花エキス

クワ科ホップという植物の花から抽出される天然成分です。

抗菌作用・鎮静作用・抗炎症作用があり、ニキビや肌荒れなど、肌トラブルの改善が期待できるとされています。

  • セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

オトギリソウ科セイヨウオトギリソウという植物の花・葉・茎から抽出される天然成分です。

抗酸化作用・創傷治癒促進作用・収れん作用があり、ニキビや炎症の改善が期待できるとされています。

  • セージ葉エキス

シソ科植物セージから抽出される天然成分です。

セージはローズマリーに次ぐ抗酸化力のあるハーブで、抗アレルギー作用・抗菌作用・収れん作用・血行促進作用があるとされています。

 

洗浄成分

  • ココアンホジ酢酸2Na

ココアンホジ酢酸2Naは、非常に刺激が少ない洗浄成分。ベビーソープなどにも多く使われていて、目に入っても痛くないそうです。

洗浄成分は刺激の強いものもありますが、こちらはかなりやさしく、安全性の高い成分です。

 

  • ココアンホ酢酸Na

ココアンホ酢酸Naは、刺激の少ない洗浄成分です。洗浄剤として汚れを落とす役割だけでなく、肌にうるおいと柔軟性を与える効果もあるとされています。

ベビーソープに使われることもあり、アレルギー性もほとんどないと言われているので、安全性の高い成分です。

  • ラウリルスルホ酢酸Na

ラウリルスルホ酢酸Naは、ココナツオイルから抽出される洗浄成分です。油脂に反応するため、洗余分な皮脂や汚れだけを取り除きます。

 

起泡剤

  • サボンソウ葉エキス

ナデシコ科植物サボンソウから抽出される植物由来の洗浄成分です。

かなり低刺激なので、メインの洗浄成分としては洗浄力が低いとされています。

  • サピエンヅストホリアツス果実エキス

別名ソープナッツツリーエキスとも言われていて、ソープナッツツリー(石鹸の実のなる木)の果実から抽出される成分です。

天然の洗浄成分であるため、肌への刺激が少なく、敏感肌やアレルギーの方にも有効とされています。

 

プルエストの成分は安心安全!

 

プルエストの成分をすべて調べたところ、洗顔料としては、かなり肌にやさしい成分だけが使われていることがわかりました。

また、洗顔料とは思えないくらい、保湿成分や美容成分が多くて驚きました!

さすが“あらえばあらうほど潤う洗顔料”ですね。

 

洗顔料なので多少の洗浄成分は必要ですが、刺激が気になるのは「ラウリルスルホ酢酸Na」くらいでしょうか・・・。

しかし成分表を見てみると、ラウリルスルホ酢酸Naは一番最後に記載されているので、ごくわずかな量しか配合されていないようですね。

ラウリルスルホ酢酸Na自体、そのほかの洗浄成分や石油系界面活性剤と比べたらかなり刺激が少ない成分なので、敏感肌の方でも安心して使うことができそうです!

 

プルエスト成分まとめ

プルエスト

 

プルエストは、美容皮膚科医との共同開発なだけあって、安全性に対してかなりこだわりがあるように感じました!

 

世の中には石鹸や洗顔フォームなどさまざまな種類の洗顔料がありますが、

実は成分的に刺激性や毒性の少ない洗顔料は、本当に少ないんです・・・。

 

しかしプルエストは、保湿成分・美容成分がたっぷりで、洗浄成分も低刺激で肌にやさしいものばかりなので、

今までの洗顔料では肌が乾燥してしまったり、荒れてしまったりしていた方には、ぜひ一度試してみてほしいです!

-PLUEST情報

Copyright© 保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報 , 2019 All Rights Reserved.