ダブル洗顔不要のクレンジング剤でも、洗顔は必要!W洗顔に適した洗顔料とは - 保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報

保湿洗顔ジェルPLUEST(プルエスト)の口コミ・最安値・使用感などプルエスト マンナンジェリーハイドロウォッシュについて徹底調査!

保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報

ダブル洗顔不要のクレンジング剤でも、洗顔は必要!W洗顔に適した洗顔料とは

更新日:

W(ダブル)洗顔不要のクレンジング剤って結構ありますよね。わざわざ洗顔する手間も省けるし、肌に必要な皮脂を取り過ぎないようにできるから、肌にもいいように思えます。

 

しかし!ここには大きな間違いがあります。

ダブル洗顔不要と謳っているクレンジング剤でも、お肌にとっては洗顔までしたほうがいい

ってご存知でしたか?

 

W(ダブル)洗顔不要のクレンジング剤を使っているのに、毛穴やニキビ、乾燥などの肌トラブルが治らない・・・という方は、そのクレンジングや洗顔に問題があるかもしれません。

間違ったスキンケアを続けていては、肌トラブルからは脱却できません。。。

 

今回は美肌を目指すため、ダブル洗顔のメカニズムや洗顔が必要な理由、ダブル洗顔に適した洗顔剤「PLUEST(プルエスト)」をご紹介します!

ダブル洗顔とは

W(ダブル)洗顔とは、メイクをした日に、“クレンジング料でメイクを落とした後、さらに洗顔料を使って顔を洗うこと”を言います。

あくまでメイクをした日のみの話ですが、毎日メイクをする人にとっては、ダブル洗顔も毎日のスキンケアの1つになるでしょう。

 

市販されているクレンジングのパッケージを見ると、使用方法の欄に「クレンジングの後に洗顔料を使ってダブル洗顔をしてください」と記載がされています。

もしくは、その必要がない場合は「ダブル洗顔不要です」と記載があります。

 

まずは、ダブル洗顔の役割についてご説明します!

ダブル洗顔はなぜ必要?

W(ダブル洗顔)の役割は大きく分けて2つあります。

①肌に残ったクレンジング剤を落とす

クレンジング剤には油性のメイク汚れを落とすために、油分が多く配合されます。

しかし、油は本来、水とは交わらないものなので、どうしても肌に残ってしまいます。

この油の成分を落とすために、クレンジング後のダブル洗顔が必要なのです。

②クレンジングでは落とせない汚れを落とす

実は、クレンジング剤と洗顔料では落とす汚れの種類が異なります。

クレンジングはほとんどの商品で油分が多く入っており、同じ油性であるメイクアップ化粧品の汚れを浮かせて落としてくれます。

 

洗顔料は汗やほこり、皮脂、古い角質(垢)といった肌に余分な水性の汚れを落とします。
つまり、クレンジングは油性洗顔料は水性の汚れを、それぞれ役割分担して落とすようにできているのです!

 

これらの汚れやクレンジングの残りをきちんと落としてあげることで、その後のお手入れで使用する化粧水や美容液が肌の角質層へ浸透しやすくなり、肌を潤わせることができるとされているのです。

“ダブル洗顔不要”のクレンジングとは?

世の中にはW(ダブル)洗顔不要のクレンジング剤も多くありますよね。

これらは、洗顔をしなくても、クレンジング剤に含まれる油分が肌に残らないように、成分に次のような工夫を凝らしている商品です。

  • アミノ酸系界面活性剤をしようする
  • 界面活性剤を複数配合する
  • 強い界面活性剤を配合する
  • 成分の組み合わせでメイクを落とせるようにする

つまり、肌に残留してしまう油分を、界面活性剤などの成分によって洗い流せるようにしているのです。

ダブル洗顔不要のクレンジング剤は、界面活性剤の量が多かったりして、肌に刺激の強いものもあります。

 

しかし、最近では従来より低刺激のものも増えているそうなので、自分の肌に合っているのなら、ダブル洗顔不要のクレンジング剤自体を避ける必要はありません。

しかし、クレンジングのみを行うスキンケアには大きな落とし穴があります!

ダブル洗顔不要のクレンジングの落とし穴

実は、ダブル洗顔不要として売られているクレンジングでも、クレンジング後の洗顔をしたほうがお肌にいいのです!

 

W(ダブル)洗顔の役割は先述の通り、2つあります。

①肌に残ったクレンジング剤の油分を落とすことと、

②クレンジングでは落とせない水性の汚れを落とすでした。

 

そして、ダブル洗顔不要のクレンジング剤の特徴は、

クレンジング剤に含まれる油分が肌に残らないように工夫しているでしたね。

 

お気づきでしょうか。。。これでは、①の役割はクリアしているけれど、②の汚れは落とせていないですよね。

ダブル洗顔不要のクレンジングだけで、洗顔を行わないということは、ほこりや古い角質などの水性の汚れは落とせていないということなのです!

 

『ダブル洗顔不要』とは、あくまでクレンジング剤の成分が肌に残らないということ。。。

肌に不必要な皮脂や汚れは、ダブル洗顔をして落としてあげないと、毛穴にこびり着いて固まってしまいますし、その後の化粧水などの浸透も妨げてしまいます!

 

『ダブル洗顔不要』の商品を使ってクレンジングだけしている方で、

  • 毛穴の黒ずみや開きが目立つ
  • ニキビがなかなか治らない
  • 肌の乾燥が気になる
  • 表面やTゾーンは脂っぽいのに肌の内側は乾燥している(インナードライ)

これらの症状がなかなか治らない方は、ぜひ毎日のスキンケアにダブル洗顔をプラスしてください!

ダブル洗顔の注意点

ダブル洗顔をする上で大切なことは、洗顔料選びです。

洗顔した後、肌がつっぱるような使用感があるという方は、洗顔料を見直しましょう

ダブル洗顔は肌に必要な皮脂を落としてしまうので、しないほうがいい・・・というイメージもあるかと思います。

 

たしかに、皮脂の取り過ぎは肌に良くないですし、洗浄力が強すぎる洗顔料では肌にダメージを与えてしまいます。

しかし、これらは洗顔料を見直すことで改善できます!

 

つまり、一般的は洗顔料ではなく、ダブル洗顔に適した洗顔料を使うことで、肌への負担をかけずに汚れを落とすことができます!

特に、泡立てるタイプの洗顔料は洗浄力が強いものが多いので避けたいところですね・・・。

泡洗顔をやめるだけで美肌に!泡洗顔が肌によくない理由とは

こちらのサイトにある通り、泡立つタイプの洗顔料は肌への負担が大きいのです。

 

毛穴の中の汚れが固まってしまっていたり、せっかくの化粧水や美容液の成分が、肌の奥まで行き通らない状態では、肌トラブルはなかなか治りません。

『ダブル洗顔不要』のクレンジング剤を使っている方も、肌にやさしい洗顔料を使って汚れを落としてあげることで、つるつる美肌を目指しましょう!

ダブル洗顔に適した洗顔料『PLUEST(プルエスト)』とは・・・

汚れはしっかり落とせるけど、肌に必要な皮脂は残しておける・・・そんな肌に負担がかからない洗顔料が理想的ですよね。

では、ダブル洗顔に適した洗顔料をご紹介します!

PLUEST(プルエスト)マンナンジェリーハイドロウォッシュ

 

プルエスト

 

PLUEST(プルエスト)は泡立て不要のジェル状の洗顔料で、『保湿成分で汚れを落とし、洗うと同時に潤いを与える』という今までにない洗顔料です!

 

ダブル洗顔で必要なことは、クレンジングで落とせない汚れをしっかり落とし肌に必要な皮脂は残しておけることでしたね。

PLUEST(プルエスト)の洗顔では、それが実現できて、更に洗いながら肌に潤いを与えて、保湿までしてくれるのです。

 

洗い上がりは他の洗顔料では実感できないようなしっとり感で、化粧水をつけるのを忘れてしまいそうになるほどしっかりと潤います!

また、マンナンスクラブというこんにゃく由来のやわらかい粒子が入っていて、肌の上をころころと転がることで、やさしく毛穴汚れを絡め取ってくれます。

毛穴汚れが気になる方にはぴったりですね。

 

その後の化粧水や美容液の浸透も良くしてくれるので、スキンケアにこだわっている方にこそ、お使いいただきたい商品です。

PLUEST(プルエスト)のようなダブル洗顔に適した洗顔料を使いましょう!

●W洗顔不要のクレンジング剤を使っているからといって、W洗顔をしていない

●肌がつっぱってしまうような洗浄力の高い洗顔料を使っている

これらの間違ったスキンケアを続けている方は、毛穴汚れがこびりついてしまったり、肌の乾燥が悪化したりして、肌トラブルが起こりやすい肌になってしまっているかもしれません!

 

W洗顔は、美肌づくりには欠かせない重要なスキンケアです!

洗顔は肌を乾燥させてしまうことがありますが、PLUEST(プルエスト)のような、乾燥しない洗顔料を使えば、肌がうるおって健康的な美肌をつくることができます!

 

毎日のスキンケアの積み重ねが、あなたの肌をつくります。肌にやさしい洗顔料を使って、清潔な肌の状態を保ち、つるんとなめらかなタマゴ肌を目指しましょう!

プルエスト公式サイトはこちら

-PLUEST情報

Copyright© 保湿で話題!PLUEST(プルエスト)徹底調査情報 , 2019 All Rights Reserved.